本文へ移動

在宅訪問

在宅訪問し、お薬についての疑問・相談・服用管理を、個々の患者さんに応じて薬剤師が丁寧に対応致します。

いちご調剤薬局では、在宅訪問を積極的に推進いたします。

在宅訪問とは、正確には在宅患者訪問薬剤管理指導といい、居宅において療養を行っている患者さんで、通院が困難な方に対して、 診療に基づき計画的な医学管理を継続して行い、かつ薬剤師が訪問して薬学的管理指導を行うことです。
在宅で療養する患者さんの薬物療法を有効に行うためには、患者さん一人一人の生活環境を考えて、 食事・排泄・移動等の生活能力や生活リズムに合った指導が必要で、薬の副作用の早期発見や防止、重複投与の防止、相互作用の発生防止を図り、コンプライアンスの向上を目標に指導することです。
このような薬学的管理指導をもとに、在宅患者さんに適正な薬の服用をしていただくことで治療効果を上げ、生活の質自体を高めることができるのではないかと思います。

在宅訪問フォトレポート

独り暮らしの往診患者さんも多く、通院などが困難な方のご自宅に、薬剤師が訪問します。
処方されている薬について説明し、患者さんからの質問に答えたり、相談に応じたりします。
お薬の飲み忘れや、飲み誤りを防止するために、お薬の服用方法や管理の方法をお手伝いします。
本部事務所
〒699-0822
島根県出雲市神西沖町2210-1
TOPへ戻る