本文へ移動

市販薬等の販売

市販薬品(OTC医薬品)を取揃え、全店で第一類医薬品も購入することができます。

いちご調剤薬局での市販薬の販売について

市販薬とは、医師の処方せんなしに個人が自由に買うことのできる薬のことをいいます。
市販薬の特徴は、誰が使用しても有効性・安全性を確保できるような成分量で作られていることです。医療用医薬品が基本的に単一の成分で作ってあるのに対して、市販薬は複数からなる成分で作られています。
例えば、処方せんだと、解熱鎮痛薬、抗ヒスタミン薬、去痰薬、咳止め薬など何種類にもなってしまいますが、市販薬だとそれらがまとまってベンザブロックなどという商品名で売られています。
また、ここ近年、今までは市販薬としては規制されていたため配合できなかった医療用医薬品の成分が、市販薬として販売されはじめました。
これらは、薬局でしか売ることのできない薬ではありますが、このような規制緩和がますます進み、市販薬の種類は増えていくと考えられています。
いちご調剤薬局でも、患者さん個人の薬歴簿をもとに、調剤薬との飲み合わせも考慮しつつ、一般用医薬品やサプリメントなどを相談販売しています。

処方箋と市販薬の違い(例えば、風邪薬の場合)

処方箋

・解熱鎮痛座薬
・抗ヒスタミン薬
・去痰薬
・咳止め薬など
処方箋だと何種類にもなる
  処方箋の成分をまとめて販売する

市販薬

医師の処方箋なしに各人が自由に買うことのできる薬。
有効性・安全性を確保できるような成分量で作られています。
※副作用がないという意味ではありません。
本部事務所
〒699-0822
島根県出雲市神西沖町2210-1
TOPへ戻る